冗談

「また2人で馬鹿やってるの?」
と友達が私たちを見て笑います。
時には「2人の会話には入っていけない」なんて言われてしまう事もありましたが(汗)
私たちは、趣味の場所で出会って以来とても仲良くしている友達同士です。
彼はとても積極的な人で、私に「皆で一緒にプレイをしない?」と声を掛けてくれたのが
その始まりでした。
その当時は始めたばかりで知り合いと呼べる人も殆ど居なくて、彼の存在があったからこそ
私は趣味を長く続けられていると思うんです。
自然と彼と一緒に居るようになってからは
会話の仕方も軽妙なものに変って行きました。
そして冗談を言い合うような仲になったという感じです。
もちろん、冗談だけではなく2人で居る時には真面目な相談話をしてみたり
これから自分はどうありたいか?
と真剣に話をして見たりと色々あります。
友達いわく「想像が出来ない」というのですが
冗談が言えるって、本音を言えるという部分にもリンクしている気がするのです。
そんな自分を見せることが出来ている彼のことを好きなんだ。
そう気がついた時、彼と知り合って3年以上の時間が流れていました。
友達としての関係もシッカリしたものになっていましたので、崩してしまうのが怖い気持ちもありましたが
私は彼に気持ちを伝えました。
そうやって私たちはお付き合いをし始めたのです。